片山工業株式会社 www.atomic-katayama.jp
 トップページ会社案内取扱商品お問い合わせサイトマップ
旗棒メーカー片山工業の製品案内

旗の名脇役:旗棒・旗棒金具・旗頭など…

旗棒作りの技

旗のあれこれ

旗の豆知識


旗の豆知識アトミック -ATOMIC-

<< 前のページ  次のページ >>


■ 掲揚法について

■旗を二枚掲げる場合は向かって左側を上位とするのが国際慣習になっています。
国旗と外国旗を併揚する場合、原則として自国国旗に最優先権が与えられますが、特に外国に敬意を表す場合は外国旗を向かって左側に掲げます。

※日本国旗と外国旗を壁に併揚する場合

日本国旗と外国旗を壁に併揚する場合

■国旗と外国旗を壁に併揚する場合も同様ですが、アメリカ国旗を縦位置に掲げる場合は、星のある紺色部を必ず向かって左上方になるように規定されているので注意を要します。また、上下左右の区別のある意匠をもつ外国旗については取扱に注意を要します。

■門前に国旗と外国旗を併立する場合は門外から見て左に外国旗を、右に国旗を立てます。

■三ヶ国の国旗を併揚する場合は通常日本国旗を中央に、外国旗はアルファベット順に従って先順位の外国旗を向かって左に、後順位の外国旗を向かって右に掲げます。

※三ケ国の国旗を掲揚する場合

三ケ国の国旗を掲揚する場合


(中央に日本を他はアルファペット順に交互にならべる )

■四ヶ国以上の国旗を併揚する場合は、通常アルファベット順に向かって左から右に並べる方法と、日本国旗を中心にしてアルファベット順に左右交互に配列してゆく方法とがあります。

※四ケ国以上の国旗を壁に掲揚する場合

四ケ国以上の国旗を壁に掲揚する場合


アルファベット順に左からならべる。

四ケ国以上の国旗を壁に掲揚する場合


日本を中心にアルファベット順に交互にならべる

■異なる国旗を二ヶ国以上併揚する場合は、国旗の大きさと掲揚する高さは出来る限り同じでなければなりません。

■国旗と社旗を併揚する場合も同様で、国旗を向かって左側に掲揚します。



<< 前のページ  次のページ >>




旗の名脇役旗棒作りの技旗のあれこれ旗の豆知識

片山工業株式会社 〒592-8334 堺市西区浜寺石津町中1-6-2
TEL.072-241-2248(代) FAX.072-244-5878 E−mail.info@atomic-katayama.jp